2017/10/07

画像の埋め込み

画像を埋め込み際に意図しない変換のトラブルを防ぎましょう。
印刷通販会社は、完全な原稿データで入稿されることを前提にしたビジネスモデルです。DTPデザイナーに依頼せず自分で作成したい場合、印刷の基礎知識や制作用アプリケーションごとの注意事項も理解されていた方がよろしいでしょう。

画像を埋め込む際、色、サイズ、配置が変わってしまうことなどがあります。
RGB画像をCMYKカラーモードのIllustrator(イラストレーター)ファイルに埋め込んだとき、Illustrator(イラストレーター)とPhotoshop(フォトショップ)でカラープロファイルの設定が異なるとき、EPS保存のオプション設定で「ポストスクリプトカラーマネジメント」にチェックを入れて保存したときに色味が変わる場合があります。

Photoshop、Illustratorの「カラー設定」を適切な設定で統一し、できるだけ画像はPhotoshopでCMYK変換してからIllustratorに配置した方が良いでしょう。
透明を含んだPhotoshop画像を埋め込む場合、Photoshopの読み込みオプションで「レイヤーをオブジェクトに変換」を選んで埋め込むと、画像のサイズが変わることがあります。
複数画像をまとめて選択して埋め込むと、サイズ・配置が変わることがあります。特にPhotoshopでクリッピングパスを設定したPSD形式の画像には注意が必要です。