2017/10/07

特色とCMYKカラーの混在

特色とCMYKカラーの混在によるトラブルを防ぎましょう。
印刷通販会社は、完全な原稿データで入稿されることを前提にしたビジネスモデルです。DTPデザイナーに依頼せず自分で作成したい場合、印刷の基礎知識や制作用アプリケーションごとの注意事項も理解されていた方がよろしいでしょう。

特色(スポットカラー)とは、調合済みのカラーインキです。CMYK(プロセスカラー)の4色では表現できない特殊な色を使う場合や4色までは必要ない場合の色の指定に使われます。
印刷会社によって、標準対応、別見積り対応、非対応と対応は様々です。
4色印刷用のデータであるにもかかわらず、データ上で特色を使用されている場合、自前のプリンターでは普通に印刷できても印刷機での印刷のために特色を4色へと変換を行う際、下記のトラブルが発生します。

【トラブル例】
色が変化する/データ上の色成分が、出力時に変化してしまう場合があります。
色が抜ける/オブジェクトに指定されている色が抜けてしまう場合があります。
透明効果がなくなる/オブジェクトに指定されている透明効果が働かなくなる場合があります。
他にも予期しないトラブルが想定できますので、4色印刷用データはCMYKのプロセスカラーのみで制作するようにしましょう