印刷通販ぴったり比較

印刷通販会社約70社42万件からあなたに最適の印刷商品を選ぶ

Read Article

ポイント⑦ 成果達成を保証してくれますか?

ポイント⑦ 成果達成を保証してくれますか?

チラシの目的は、作成することではなく販売促進のために成果を出すこと、その大前提を忘れないようにしましょう。

ポイント⑦ 成果達成を保証してくれますか?

ポイント⑥は、『配布方法と配布数には根拠が必要』でしたね。チラシを配布するためには、方法と枚数を戦略的に設計する必要があることを学びました。

成果保証は必要か?

7つ目のポイントは、チラシ制作業者が成果達成を保証してくれるかどうかです。単純に保証してくれる業者だからOK、保証してくれない業者はNGというわけではありませんよ。

そもそも「保証してくれるかどうか」を気にするというのは、なぜでしょうか。
そう、成果が達成できる場合と達成できない場合が生じるにも関わらず、業者に支払う費用は変わらないからです。
チラシ制作を依頼するあなたは、支払う費用以上に利益を確保したいと考えていますよね。当然のことです。

一般的なチラシ制作業者が請求する金額は、「チラシの制作費」、「チラシの印刷費」、「新聞への折込費」等、それぞれの作業工程の製造費や手間賃です。決して「成果達成を保証するための費用」ではありません。
この点が、一定以上の反応率があるチラシ制作を委託するあなたと委託される業者とのギャップです。

ただし、すべてのチラシ制作業者が「保証しない」というわけではないでしょう。それに、地元の業者に依頼しなければならない理由もありません。
Yahoo!で「チラシ制作」を検索すると約1,450,000件(平成27年2月26日現在)の検索結果がありました。この中にあなたが望む業者がいるかもしれません。

ですが現実的には、その約1,450,000件のすべての結果から成果保証をしてくれるチラシ制作業者を探したり、交渉するとなるとその時間は膨大になるでしょうし、探すにも限度がありますね。

ちょっと「チラシ配布⇒成果の保証」の構図を変えてみてはいかがでしょうか?
チラシ・フライヤー・ビラ制作 7つのコツ」は、反応率が一般的な数値の3.3倍以上になるチラシを業者に作らせるテクニックを修得し、誰がやっても90.2%以上の再現性を実現することを目標にしています。(その点から言えば本筋から外れてしまうかもしれません……)


目的を達成する方法

なぜあなたは、チラシを作りたいのでしょうか?
あなたが、知名度アップ、売上向上や新規顧客獲得を期待しているからですよね? チラシを制作することそのものが目的ではないはずです。

つまり、チラシは知名度アップ、売上向上や新規顧客獲得を実現するためのツールです。あくまでも手段の1つにすぎません。
ということは、チラシというツール以外でも知名度アップ、売上向上や新規顧客獲得を実現できる方法はないか、と考えてはいかがでしょうか?
または、チラシ以外の手段で提案してくれる業者を探してはいかがでしょうか?

不景気、デフレと言われるようになって久しい(最近はアベノミクスの影響で、為替市場がにぎわっていますが)ですが、近年、

  • 「本物志向、原材料と手間にこだわった商品であれば、高くても売れた」
  • どうせ買うなら「知っているお店から買う」
  • どうせ買うなら「何かと面倒を見てくれる営業担当者から買う」

という時期がありました。
しかし、どんなお店でも通用するほど簡単ではなくなりました。

誤解のないようにいいますが、簡単ではなくなりましたが、こういった消費者心理を応用した手法は、現在でも通用する販売戦略です。

・原材料などは並でも、「安く」買いたい
・全く知らないお店や営業担当でも、「安く」買いたい

という、綺麗ごと抜きの消費者心情が、無視できなくなっている状況にあります。もちろん安値だけでの商売を推奨する気持ちは、毛頭ありません。

確実にいえるのは、一つに偏った販売戦略だけでは立ち行かないという事実があるということです。
ですから、弊社を含めて知名度アップ、売上向上や新規顧客獲得を支援する業者は、過去に成功した手法のみを提案するだけでは、あなたの役に立てないということです。

知名度アップ、売上向上や新規顧客獲得を達成するための手段は、チラシ、ホームページ、SNS、facebook、twitter、メールマガジン、アフィリエイト、ドロップシッピング、各種媒体の広告、会員組織構築、ファックスDM、口コミ、紹介斡旋、どぶ板営業など様々です。

私よりも著名で実績のある方が、自分の得意なツールを使うことを提唱している事実はありますが、ツール単体での著名さや実績の大きさで優劣を決めるのは、正しい判断ではありません。

ここで大切なのは、ツールの“選択”だけではありません。どのツールをどう使うかという意味で、あなたなりにどのように活用できるかという点です。
つまり、あなたにあった手法を選定、計画、設計し、成果を上げることができる業者が、あなたが選ぶべき業者でしょう。

「成果保証してくれますか?」と質問してみましょう。
「チラシでの成果保証」と短期的な解釈しかできない業者を排除することができる質問です。
この質問に対し、中長期的な展望で回答できる業者とお取り引きすることをオススメします。

「成果達成を保証してくれますか?」
様々な販売戦略を持ち、あなたと共に、長い目で見据えてくれる業者との縁を大切にしてください!

以上で、全7章は終了です。
いかがでしたか?
多少なりともあなたのお役にたつことができたでしょうか?

今回あなたは、今までのチラシよりも高い反応率、一般的な数値の3.3倍以上になる再現性90.2%以上のチラシを業者に作らせるテクニックを身につけました。

もしかしたら、ご自身で同等のチラシを作れるほどの自信さえ持つことができたでしょうか? それほどの気持ちが持てるのは素晴らしいことです。

ただし、常にベストの結果を出すためには、プロの力も上手に利用していくことが今回の目的でもあったことを思い出してください

高い反応率を出すための理屈(テクニック)を理解することと、それをチラシとして制作(デザイン)するのは、別の能力(技術)ですからね!

もしかしたら、あなたが依頼しようとしているチラシ制作業者は、高い反応率を出すチラシを制作する理屈(テクニック)は持っていないかもしれません。しかし、“体裁の良い”チラシを制作することはできると思います。

つまり、お互いのテクニックを融合することができれば、反応率が一般的な数値の3.3倍以上になるチラシを再現性90.2%以上の確率で手にすることさえも可能でしょう。また、チラシ制作を業者に任せることで、あなたご自身は商売に専念した方が効率が良いでしょう。

どうしてもご自身で制作したい場合は、一度は業者で成功した後で、それを参考にしながら改修していく方法をとるのが良いですね。

今回の内容を活用するための手順

今回の内容を十分に理解してください。(疑問点・不明点があれば、お問合せください)
そして、「チラシ制作管理表」に記入してください。
文章の体裁を考えず、誤字脱字などもお気にせず、ご自身の素直な言葉で記入してください。

次に、チラシ制作管理表をもとにチラシ制作業者に説明してください。
その際、管理表そのものは渡さないでください。あなたの説明(言葉)と相手の解釈+経験+技量を融合させるためです。

業者が、あなたが記入した管理表を手に取り、それを見ながらあなたの説明を聞いた場合、業者は管理表ありきの思考になってしまうおそれがあります。

つまり、良くも悪くもチラシ制作業者の経験や技量が十分に反映されない可能性が出てきてしまいます。
その防止策として、チラシ制作業者にはあなたの説明(言葉)をヒアリングし、書き取らせる方法にしてください。(すべて完了した後で、確認用に見せるのは問題ありません)

チラシ制作業者に対して、「チラシ制作管理表」を元にひと通り説明が終わったら、ポイント①から⑤までのテーマに沿って質問してください。
すべての回答に納得できた時点で、発注確定で良いでしょう。

反応率が一般的な数値の3.3倍以上あげることができる内容が明確になったと思います。
回答に納得できない場合は、納得できるまで繰り返し話し合いをするか、あるいは当該業者への発注を諦め、別の業者と調整するのが懸命です。

さらにポイント⑥、⑦での質問は、販売促進の根幹にかかわる質問です。これらの質問にもきちんと回答できる業者であれば、あなたと今後とも良好な関係を継続することができるでしょう。

末筆ながら、あなたの益々のご発展を祈念しております。

■各種お問い合わせ先
インターネット情報収集社 販促支援 係 宛

■受付方法
お問い合わせフォーム
TEL 029-284-1078 ※月~金(土日祝を除く)9:00~18:00
FAX 029-284-1075

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top