2017/10/07

印刷通販と地元印刷 会社運営の違い

営業担当

印刷通販
外商する営業担当者はほとんどいない。
地元印刷を基盤として運営している場合、印刷通販側の条件しだいで訪問してくれる
いわゆるカスタマーサポートを設置する
地元印刷
外商する営業担当者が見積もりや問合せ対応、商談をする
価格

印刷通販
定価ベースでは、印刷通販の方が地元印刷よりおおよそ20~30%安いです。
地元印刷
もともと自社の営業担当者を持たないなどで大手印刷会社の下請けに徹していたり、得意な商品カテゴリーの場合は、交渉しだいで印刷通販より安くなる場合もあります。
見積り

印刷通販
通常商品、通常加工はホームページで公開。それ以外はメールで問合せし、メールで回答がある。(数日かかる場合がある)
地元通販
電話やメールで依頼し、口頭やメール添付で回答、あるいは営業担当者が見積書を持参する。たとえば、出先で見積依頼を受けた営業担当者が夕方帰社し、内容によっては、翌日、別の社員に確認し回答案をまとめ、その後上長の承認を得るなど、依頼者は、回答を得るまで数日かかる場合がある。
問い合わせ

印刷通販
メールまたはホームページ上のメールフォーム。オンラインチャット対応会社もあり
地元通販
電話やメールで依頼し、口頭やメール添付で回答。たとえば、出先で問い合わせを受けた営業担当者が夕方帰社し、内容によっては、翌日、別の社員に確認し回答案をまとめ、その後上長の承認を得るなど、依頼者は、回答を得るまで数日かかる場合がある。

注文・支払

印刷通販
通常商品は、ホームページで印刷仕様や納品条件を指定して注文。通常外商品は、別途見積りを基準に当該担当者との交渉を以って注文。注文後、支払処理を完了させて締結するケースが多い。
地元通販
基本的に営業担当者が、印刷仕様や納品条件を依頼者にヒアリングし、了承を以って契約を締結。営業担当者が訪問できる範囲が商圏であり、注文者が「どこの誰」かほとんど把握できている。そういった点で回収不能のリスクを軽減できることから納品後支払いのケースが多い。(ただし、初回注文に限り前払いのケースあり)
入稿

印刷通販
Web、メール添付、各種ダウンロード、メディア送付
地元通販
メール添付、メディア送付、メディア引取
進捗状況

印刷通販
注文者専用のページ内で進捗の表示をするか、メールで報告する
地元通販
営業担当者から適時報告するか、納期が短いなどの場合は、特に進捗報告しない。
校正

印刷通販
有料の簡易校正や実機校正、pdfファイルによる無料校正は、多くの印刷通販会社で用意されている。
地元通販
対応しているとすれば、試し印刷したものを営業担当者が持参するケースが多い