2017/10/07

印刷通販とは

インターネットを介してオフセット印刷やオンデマンド印刷を発注できるサービスのことです。

発注した後、原稿に相当するデータを注文者が注文請者である印刷通販会社に入稿(データ送信、メディア送付など)し、印刷通販会社が印刷したものを宅配便などで発送し納品としています。
少部数から発注可能な場合が多く、個人や印刷の利用頻度が低いユーザーにも使いやすい仕組みです。また、従来の印刷会社(以後、地元印刷とします)より価格設定が安い傾向があります。
また、ユーザーが印刷通販会社に注文する際、印刷仕様(色数、紙質、体裁、部数、納期)を選択することで価格を知ることができるため、印刷にかかる費用が明確です。
逆に、自分自身で印刷仕様を決定しなければならず、自分に最適な印刷仕様を選ぶには一定のコツが必要です。そもそも、どの印刷通販会社を利用するかと考える時点で、ユーザーの選択が必要になります。
印刷の国内出荷高に占める印刷通販会社の割合はわずか数%である現状から、新規参入の企業は今でも増えているようです。

印刷通販会社の価格設定は、地元印刷より低い価格設定にしてあるのが大半です。それが実現できている要因といえば、印刷通販会社の努力の賜物と言えそうです。たとえば、人件費などの削減、印刷業務の効率化です。
地元印刷では、営業担当者がユーザーに訪問し、印刷仕様の相談を受けたり、価格の交渉をしたりと確実に人件費が必要になるビジネスモデルです。
それに対して印刷通販会社は、前述のとおりあらかじめ公開している印刷仕様(色数、紙質、体裁、部数、納期)を選択するというビジネスモデルです。
人間の営業担当者を置かず、営業担当者が説明する内容はホームページ上で公開していますので、ホームページがいわゆる営業担当を担っています。
もちろん、印刷通販会社側のスタッフとメールのやり取りや会話をすることがないというわけではなく、それぞれ印刷通販会社ごとに注文前、注文後に関係なくユーザーと接触できる仕組みを導入しています。

また、できるだけ受注数を確保し、同じ版の中を埋めて生産性を上げることもコストを抑えるための工夫です。ただし、印刷仕様のバリエーションが限定されている傾向にあります。