印刷通販ぴったり比較

印刷通販会社約70社42万件からあなたに最適の印刷商品を選ぶ

Read Article

用紙のサイズ、レイアウト

用紙のサイズ、レイアウト

希望する印刷物を制作するためには、用紙のサイズ、レイアウト線について正しい印刷指示が必要です。

印刷通販会社は、完全な原稿データで入稿されることを前提にしたビジネスモデルです。DTPデザイナーに依頼せず自分で作成したい場合、印刷の基礎知識や制作用アプリケーションごとの注意事項も理解されていた方がよろしいでしょう。

用紙のサイズ、レイアウト

用紙のサイズ

ページ設定のサイズ指定で既定のサイズを選択した場合、必ず「幅」「高さ」の値(A4の場合 210mm×297mm)を確認しましょう。印刷会社は、「A4」など選択したサイズよりも、規格サイズの値が重要です。

また、ページ設定・デザインとも必ず原寸(拡大・縮小の必要がない状態)で作成する必要があります。
たとえば、A5のチラシを作りたいのにページ設定がA4のままで作成された原稿を入稿されると、センターあわせでA5を原寸でとれば良いのか、それともA4からA5に縮小なのか、A4からA5に縮小なのか、印刷会社は判断できません。

レイアウト

Office系アプリケーションで作成された原稿ファイルは、そのパソコンにセットアップしてあるプリンタによって、改行位置がずれたり文字が消えたりします。
入稿形式が、PDFや中間ファイルの印刷会社の場合は、原稿ファイルを作成する際、印刷先をプリンターではなく指定のドライバーにしたうえで、ページ設定などを行った方が良いです。

入稿前に印刷プレビューなどで細かくチェックすること、無料で簡易校正ができる印刷会社を選択することが、予防策となります。

背景色

背景色をつけたい場合、「書式」の「背景」で色を指定すると印刷では色が出ません。「オートシェイプ」の「四角形」や「楕円」などで色を指定し、「レイアウト」で背面に位置させます。

塗り足し

フチなし印刷をしたい場合は、塗り足しが必要です。
オフセット印刷では、印刷後に仕上がりサイズに断裁するため、仕上がりの位置まで色や画像がくる場合には「塗り足し」が必要になります。

断裁にてわずかな位置ズレが生じ、紙の色(通常は白)の部分が残ってしまうことがあります。残った部分が、たとえ0.1mmでも印刷物の仕上がりとしては美しくありません。

通常は、3mmの幅で色や画像の断ち落としの部分を作っておきます。これが「塗り足し」です。
「塗り足し」については、対応できる印刷会社と対応できない印刷会社があります。

対応できる印刷会社といっても、強制的に拡大して結果的にフチなし印刷のようにする場合もありますので注意が必要です。

また、ノンブル(印刷物のページ数)等の文字や画像は、印刷サイズの端から通常3mm以上のマージンをとって配置した方が良いです。これは、断裁時の位置ズレのため切り落としてしまうこと防ぐためです。

特にページものの印刷物は、断裁の誤差が1枚ものより大きくなりますので、マージンをさらに大きくとる必要があります。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top