印刷通販ぴったり比較

印刷通販会社約70社42万件からあなたに最適の印刷商品を選ぶ

Read Article

フォント、ワードアート、線

フォント、ワードアート、線

あなたのパソコンの環境と印刷通販会社のパソコンには、違いがあります。フォント、ワードアート、線について留意して制作しましょう。

印刷通販会社は、完全な原稿データで入稿されることを前提にしたビジネスモデルです。DTPデザイナーに依頼せず自分で作成したい場合、印刷の基礎知識や制作用アプリケーションごとの注意事項も理解されていた方がよろしいでしょう。

フォント、ワードアート、線

フォント(書体)

ご自身で作成された原稿ファイルには、作成に使われたパソコンにあるフォント(書体)が使われています。しかし、それらのフォントは印刷会社に全て揃っているとは限りません。

大半の印刷会社が保有するフォントは、Windows付属のフォント、Office付属のフォント、任意のTrueTypeフォント、オープンタイプフォント等です。
使用しているフォントが印刷会社にない場合、別のフォントで置き換えて出力されることになり、出来上がりのイメージが大きく変わってしまうこともあります。

このようなトラブルを防ぐためには、印刷会社が保有するフォントを意識して原稿ファイルを作成するか、あるいは使用したフォントを原稿に埋め込む必要があります。

ボールド指定(太字)

ボールド指定とは、文字をずらして重ねて太く見せる処理です。

そのため、文字の大きさや太さによっては、文字の白場がなくなり、文字が潰れたようになってしまうことがあります。これを避けるために、同一フォントファミリー内で太い文字を指定すか、太めの別フォントを指定するなどして対処します。

ワードアート

簡単に特殊効果がつくれるワードアートは非常に便利ですが、文字の抜けるべきところが抜けていなかったり、陰の部分がくずれていたり、再現できなかったりと正しく変換できない場合があります。

これらの現象を完全に解決できる方法がないため、基本的に使わない方が良いでしょう。

線について

極細線や飾り罫線は、正しく表現ができない場合があります。
インクジェットプリンターやレーザープリンターでは、そのプリンターが出力可能な太さの線に置き換えてしまいため、それなりに印刷できてしまいます。どうしても罫線が使いたい場合は、印刷会社が許容している太さに留意して使うようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top