2017/10/07

カラーモード変換

色の変換、色の指定について
印刷通販会社は、完全な原稿データで入稿されることを前提にしたビジネスモデルです。DTPデザイナーに依頼せず自分で作成したい場合、印刷の基礎知識や制作用アプリケーションごとの注意事項も理解されていた方がよろしいでしょう。

カラー原稿の場合、カラースペース変換により色再現に差がでます。Office系アプリケーションは、モニターと同じくRGBというレッド・グリーン・ブルー三原色にもとづく色空間でデータが作成されます。
カラー印刷では、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)という4色のインキの掛け合わせで色を再現する方式が採られています。
Microsoft Officeはオフセット方式等のインクを使用した印刷向けには開発されておりません。したがって、印刷できるようにするためRBGからCMYKへ変換が必要になります。
この変換によって色味の違い、鮮やかさの違いが少なからず起きます。
印刷で使用するCMYKの色域は、Microsoft Office系のカラー設定であるRGBの色域より狭いため、データ変換時、CMYK(インキ)で表現できる色の中で最も近い色に置き換えます。
そのためRGB特有の蛍光色のような色は、かなりくすんだように印刷されます。
Office製品でカラー原稿を作成した際のカラーモードはRGBになります。

その他のグラフィックソフト同様RGB画像にイメージが近づくようにCMYKへの変換処理を行いますが、元のデータの色味によっては再現が変わる場合がございます。
単色印刷の場合、カラーでは作成しないでください。データ内のURLやメールアドレスにハイパーリンクが設定されたままですと、色が薄くなります。
Office系アプリケーションで色を指定する場合、自動ではなく色を選択して指定して下さい。
特色(スポットカラー)とは、調合済みのカラーインキです。
CMYK(プロセスカラー)の4色では表現できない特殊な色を使う場合や4色までは必要ない場合の色の指定に使われます。