印刷通販ぴったり比較

印刷通販会社約70社42万件からあなたに最適の印刷商品を選ぶ

Read Article

表現の難しい色

表現の難しい色

仕上がった印刷物の色が安定しないトラブルを防ぎましょう。

印刷通販会社は、完全な原稿データで入稿されることを前提にしたビジネスモデルです。DTPデザイナーに依頼せず自分で作成したい場合、印刷の基礎知識や制作用アプリケーションごとの注意事項も理解されていた方がよろしいでしょう。

表現の難しい色

表現が難しい色を「転びやすい色」といいます。転びやすいとは、どういうことでしょうか?
それは、オフセット印刷で仕上がった印刷物の色が変化してしまうという意味です。
プロセスカラー印刷(CMYKの4色印刷)の特性上、表現が不得意な色が存在するため発生するトラブルです。

もっとも転びやす色は、CMYの3色を同程度の割合で配合し作成された、安定しないこげ茶系の色や黒色です。CMYのみで、特に濃度の高い色を表現することは、できるだけやらない方が無難です。
パソコンの画面上での見た目で問題がなくても、実際に印刷すると色ムラになったり、予想しなかった色に仕上がってしまうことがあります。

対策としては、CMYカラーのみで作成せず「K」を混ぜて作成する方法です。
完全に安定させることが難しい場合もありますが、Kをを混ぜたうえで色を調節すると比較的安定した色となります。

また、Kを混色してグレーを作成するのも不安定な色となります。
グレーを作成する場合は、K色の濃度を調節して作成した方が良いでしょう。あるいは、グレー部分をグレースケールに変換する方法もよい方法です。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top