印刷通販ぴったり比較

印刷通販会社約70社42万件からあなたに最適の印刷商品を選ぶ

Read Article

フォント(アウトライン)

フォント(アウトライン)

環境に依存せず印刷するためフォントを画像形式に変換します。

印刷通販会社は、完全な原稿データで入稿されることを前提にしたビジネスモデルです。DTPデザイナーに依頼せず自分で作成したい場合、印刷の基礎知識や制作用アプリケーションごとの注意事項も理解されていた方がよろしいでしょう。

フォント(アウトライン)

アウトライン化とは、どんなフォントでも文字として保存するのではなく、画像として形式を変換することです。原稿データに使われたフォントが、印刷会社で保有していない場合、原稿データとおりに印刷できなくなります。そういったトラブルをなくすためアウトラインを作成します。

  • 同じフォントが入っている環境で開いた場合でも、詰め文字の情報などが反映されないこともあります。
  • アウトライン化するとフォント情報が失われ、以後、修正などができません。したがって保存をするときは、「別名で保存」を選び、「アウトラインしたもの」と「していないもの」を別々に保存しておくことをお勧めします。

Illustrator(イラストレーター)には、フォントのアウトラインを作成する機能がありますので、そちらを利用してアウトラインを作成します。
Photoshopは(フォトショップ)、フォントのアウトラン作成は必要ありませんが画像(レイヤー)の統合が必要となります。
Office系ソフトはアウトラインをとることができません。

その他、アウトライン化する際の注意点です。アウトライン化できないフォント(プロテクト・フォント)があります。

Illustrator(イラストレーター)では、エンベロープを使用したフォント、グラフツールで入力された数値、パターンに登録されたフォントなどは、それぞれアウトライン化の操作が違います。「孤立点」と呼ばれるフォント情報が残っている場合があります。

不要なフォントでも原稿データ内にフォント情報として残したままだと、データチェック時に未アウトライン化として不備となる場合があります。

InDesign(インデザイン)では、アウトライン化する際に「テキストフレームを選択した状態」と「文字ツールで文字を選択した状態」では結果が異なります。
例えば文字に対して1mmの線を付けた場合、線は外側に1mm太ります。これに対して、図形などのオブジェクトに1mmの線を付けた場合、線は両側に0.5mmずつ、計1mm太ります。
つまり、文字はアウトライン化するとオブジェクト扱いになるので、その瞬間から線の太り方が変わり、このような結果になってしまうのです。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top